cTraderで確認すべき12個の特徴※メリットやデメリットも紹介します

海外FX

cTrader(シートレーダー)はECN専用の最新プラットフォームの1つ。FX環境を提供しているものではMT4やMT5が有名ですが、cTraderも注目されています。

そこで今回は、

  • cTraderはどんなトレーダーに向いているのか
  • cTraderは使いやすいのか
  • cTraderは評価が高いみたいだけど本当なのか

こういった疑問点を抱いている人に向けて、cTraderの特徴について解説していきます。

cTraderはあなたが使うべきトレードプラットフォームなのか…是非参考にしてみて下さいね。

cTraderとは次世代型プラットフォーム

ctrader プラットフォーム

cTraderとは2011年ロンドンのSpotware Systemという企業が開発したFXトレードプラットフォームの1つ。

ECN方式での使用を基にシステム開発され「ECN取引ではMT4よりも優れている」と、高い評価を受けているプラットフォームです。

Spotware Systemは「Finance Magnates 2018 Awards」のFXトレードプラットフォーム部門で最優秀賞を取っています。

※Finance Magnates Awardsとは、Finance Magnates Summitという毎年ロンドンで開催されるイベントで獲得できる賞のことです。

そのイベントでは、CFDブローカー部門、FXブローカー部門、取引プラットフォーム部門などとそれぞれの部門ごとに成果や実績を残した企業が、参加者の投票によって選ばれます。

cTraderの特徴※MT4との違いを確認

cTrader MT4 違い

cTraderの特徴を人気プラットフォームであるMT4と比較しながら解説していきます。

まず、cTraderとMT4は開発された目的が異なります。

最大の違いは、cTraderはECN専用トレードプラットフォームとして開発されていますが、MT4はECN専用のプラットフォームとして開発されていない点です。

MT4(MetaTrader4)とはFXで利用されている世界最大のプラットフォームです。国内のFX業者では利用できる業者が限られますが、海外FXではほとんどのブローカーが使用してます。

ECNとは「Electronic Communications Network」のことで、取引の透明性が最も高いトレード方法です。

ECNはトレーダーの注文が直接インターバンクへ届き、そのまま注文がマッチングされる仕組みのことでNDD方式の1つです。

要するに、ECNでは取引するときに第三者が介入しないので最も信頼のおける取引ができるわけです。

cTraderとMT4の違いを表にまとめておきます。

cTrader MT4
取引形式 ECN STP/ECN
約定力 約定拒否なし 約定拒否する業者もあり
板情報 閲覧可能 閲覧不可能
ワンクリック決済 可能 可能
同時決済 可能 1つずつ決済(タイムラグあり)
インジケーター 必要十分 かなり豊富にある
デバイス Windows、Mac、iPhone、Android、タブレット端末に対応 Windows、Mac、iPhone、Android、タブレット端末に対応

MT5について

MT4の後継であるMT5ですが、2011年にリリースされて以来そこまで普及していない様子。これは低スペックのパソコンやタブレット端末では、プログラムが重すぎて使えないなどのデメリットが関係しています。

端的に言うと、MT4に新機能が追加されたのがMT5です。時間足オプションの追加でMT4の9種類から11種類に増えデータ分析がしやすくなっています。また、インジケーターの機能でフォルダーを追加できるようになり、データの整理ができるようになりました。

しかし現状を見るとまだまだMT4の方が人気が高く、特に国内のFX業者ではMT5を使用できるところはかなり少ないです。

cTraderは裁量トレード向け

MT4とcTraderを比較した結論は以下の通り。

  • MT4:自動売買システムを利用するトレーダー向け
  • cTrader:ECN形式で裁量取引を中心にするトレーダー向け

MT4はEA(Expert Adviser)やインジケーターの種類がかなり多いので、システムトレードを中心にしているトレーダーに向いています。

>>MT4について詳しく知りたい人はコチラ

その一方で、cTraderは相場を分析して自分で判断する裁量取引を中心に考えているトレーダーにオススメできます。

cTraderを使う9つのメリット

ctrader メリット

まずはcTraderを使う上でのメリットを確認しておきます。

  1. トレード環境が使いやすい
  2. どんなデバイスでも取引できる
  3. 分かりやすい板情報が見れる
  4. 26種の時間足表示がある
  5. 約定スピードが速い
  6. ワンクリックで注文できる
  7. 複数ポジションを一括決済できる
  8. 約定拒否(リクオート)や取引制限がない
  9. インフォメーションが見やすい

上記のメリットがあります。

①トレード環境が使いやすい

cTraderの環境は、ユーザーが直感的な操作ができるよう設計されています。

グラフィカルユーザーインターフェイスが採用されており、日本語にも完全対応しているのでFX初心者でも比較的扱いやすいスペックになっています。

また、cTraderでは日本時間にも表記設定できるのでとても便利です。

通貨ペアの検索も簡単

cTraderでは目的の通貨ペアをフィルタリングして簡単に検索することができます。

検索枠に対して、USDなどと記入するだけでクロスドルのペアが即座に一覧表示されます。トレーダー目線で設計されている親切な機能ですね。

日本語対応なので安心

cTraderは完全に日本語対応できているプラットフォームなので、英語が苦手なトレーダーでもストレスなく使うことができます。

それにcTraderはMT4と違い、チャートを日本時間に切り替えて表示できるので、わざわざ脳内で計算してトレードする必要もありません。

スクリーンショット機能がある

cTraderには画面右上にカメラのアイコンがあり、チャート撮影ができます。

為替相場が気になっている場合は保存しておくことも可能。キャプチャーした画像は、PCのマイドキュメント内にあるcTraderフォルダ内のChartShotsの中に保存されます。

②どんなデバイスにも取引できる

cTraderはあらゆるデバイス環境で使用が実現されています。Windows、Mac、Linux、Googlechromeなどの各ブラウザから、iPhoneやiPad、Androidまで柔軟に対応できています。

もちろんスマホでも簡単に利用できるので、旅行先や営業の移動時間、帰宅や通勤時間にも手軽に取引OK。

③分かりやすい板情報が見れる

cTraderでは株式取引のように板情報を閲覧することができます。

  • 現在の価格でどれぐらいの注文が入っているか見れる
  • 注文を投げるレートの取引量を見れる
  • ロット数違いの複数注文のアベレージ価格を見れる

などをリアルタイムでチェックできるので、かなり便利です。

VWAP DoM

VMAP dom

これはVolume Weighted Average Price Depth of Marketを指していて、出来高加重平均価格の市場の深さのことを意味します。

VWAP DoMで特定のロット数に対してリアルタイムの約定価格を見ることができるので、スリッページをそこまで恐れる必要はありません。

Standard DoM

standard dom

Standard DoMはリアルタイムで市場の動きを視覚的にチェックできるので、現在価格でどれくらい注文が入っているかを簡単に見れます。

画面上のバーの長さを見れば一目瞭然、とても見やすい板情報です。

Price DoM

price dom

Price DoMは価格情報を見れる板で、株取引の板と似ています。

3列に並んでいるバーがあり、中心のバーは価格を指し、左右のバーは売買注文がいくら入っているのか確認できます。クイックトレードをONにすると、指定ロットの価格で素早く注文を置けます。

④26種の時間足表示がある

cTraderには時間足表示が多く全26種類あり、より細かいチャート分析が可能です。

1分足、2分足、3分足、4分足、5分足、6分足、7分足、8分足、9分足、10分足、15分足…45分足、1時間足、2時間足、3時間足、4時間足、5時間足、6時間足、8時間足、12時間足、1日足、2日足、3日足、週足、月足

このデータはMT4の9種類、MT5の15種類をはるかに上回っています。

⑤約定スピードが速い

cTraderは約定にかかるタイムラグも少なくスリッページも起きづらいです。

約定スピードはリクイディティ・プロバイダー(Liquidity Provider)が提供するサーバーのスピードによって変わります。

cTraderのECN環境ではサーバーが市場の参加者と同じ場所に設置されているので、早急な決済が可能になります。

⑥ワンクリックで注文できる

cTraderにはワンクリック注文が初めから搭載されています。

わずかワンクリックで5つの注文が実行できます。

  • 成行注文(買/売)
  • 途転注文(買ポジションを即座に決済して売ポジションにする)
  • ダブルアップ注文(同量のポジションを即座に発注する)
  • 全ポジションの一括決済(ポジションすべてを一括でクローズする)
  • 通貨ペア別ポジション一括決済(通貨ペア別にポジションを一括クローズ)

これらの中でも、MT4では不可能な「全ポジション一括決済」がデフォルト搭載なのは便利だといえます。

超短期売買のスキャルピングトレードに必須の条件をすべて備えているプラットフォームです。

⑦複数ポジションを一括決済できる

cTraderは複数ポジションを同時決済できます。

MT4での同時決済はポジション一つ一つを順番に決済するので、タイムラグが起きてしまいます。

cTraderで同時決済の注文を行うと、複数ポジションをまったく同じタイミングで決済されるので、急な相場の変動にも臨機応変に対応可能です。

注意点は一気にすべて決済されてしまうので、万が一の操作ミスを避けるためにクイックトレードの設定をダブルクリックにしておくと安心です。

⑧約定拒否(リクオート)や取引制限がない

cTraderはインターバンクと直接レートをやりとりできるので、FX業者によるレートの意図的な操作や約定拒否される可能性がありません。

つまり、cTraderはECN特化型のプラットフォームなので透明性が高いですし、スキャルピングも可能なので短期売買にも最適です。

⑨インフォメーション表示が見やすい

cTraderはユーザーファーストな設計のプラットフォームなので、各種インフォメーションがとても見やすいのも特徴です。

トレードをする上でも重要でストレスを溜めることなく必要な情報を収集できることは利点の1つといえます。

市場時間

cTraderには曜日ごとでトレードできる時間帯と、市場がクローズされる時間が明確に表示されます。

もちろん取引時間が頭に入っていれば必要のない機能ですが、ポジションを持ち越してしまうなどFX初心者にとっては親切なシステムですよね。

シンボル情報

cTraderは通貨ペアの手数料、1lotのサイズ、最小/最大の取引数量、スワップポイント(買い/売りスワップ)などをすぐにチェックできます。

わざわざ公式サイトで調べる必要はありませんので、必須情報をcTrader内でサクサク確認できるのは楽ですね。

上記のようにMT4と比べて非常に情報が充実しており、cTrader内で確認できるのはメリットだと言える。

cTraderにある3つのデメリット

ctrader デメリット

cTraderについてのデメリットを挙げるなら以下の3点です。

  1. 自動売買(システムトレード)には不向き
  2. インジケーターの導入が大変
  3. cTraderを導入済の海外FX業者が少ない

利用する前にデメリットも確認しておきましょう。

1.自動売買には不向き

cTraderにはcAlgo(公式サイト「ctdn.com」で提供)という自動売買ツールがあります。でも、解説内容は英語なので導入はちょっと面倒です。(Google翻訳を使うことで対応は可能です)

MT4やMT5の自動売買ツールを提供するサイトMQL5とは違って、日本語での説明がないので大変です。

自動売買を重視するならMT4はやはり優秀で、EA(Expert Adviser)というプログラムがあり、愛用するトレーダーも多いです。

2.インジケーターの導入が大変

cTraderには初期導入されているインジケーターもありますが、その他のインジケーターを追加導入する場合は、公式サイトhttps://ctrader.com/でダウンロードしなければいけません。

ただ、トレンドラインやオシレーターなどのインジケーター、MACD、CCI、ボリンジャーバンド、RSIなどが揃っています。それに斜線、水平線、垂直ラインを選ぶことやフィボナッチ、フィボナッチエクスパンション、フィボナッチファンなどは簡単に引けます。

インジケーターのカスタマイズには少し苦労するかもしれませんが、トレードに必要な条件は備わっていると言えます。

3.cTraderを導入済の海外FX業者が少ない

cTraderを使っている海外FXブローカーがまだまだ少ないのが現状です。

cTraderを導入している代表的なブローカーは以下の通りです。

これらの中では、日本人トレーダーも多く利用しているAXIORYを特に推奨します。

海外FX業者でctraderが使える業者

ctrader 海外FXブローカー

次にcTraderを利用できる業者を確認していきます。やはり海外FX業者でもそこまで利用できるところは少なく、Tradeview、AXIORY、FxProの3社が該当します。今後さらに利用可能なブローカーが増えていく可能性はありますがまだまだ未知数です。

Tradeview(トレードビュー)

  • 最大レバレッジ400倍
  • スプレッドが狭い
  • ゼロカットシステム採用
  • 通貨ペアが71種類以上
  • 資産保証35,000ドル
  • 金融ライセンス取得済
  • 取引可能プラットフォーム:MT4、MT5、Currenex、cTrader

TradeviewではMT4、MT5、cTrader、CURRENEXの4種類のプラットフォームが使えます。それに加えてスプレッドは業界で最も狭く、ECN方式の取引コストもかなり低く抑えられるのが特徴。また、LPサーバーの開示や金融ライセンス取得なども信頼性の高さを裏付けています。

>>Tradeviewの詳細を見てみる

FxPro(FXプロ)

fxpro top

  • FX業界で最も古株
  • 最大レバレッジ500倍
  • ゼロカットシステム採用
  • 安心の資金管理体制
  • 仮想通貨の取引可能
  • 金融ライセンス取得済
  • 取引可能プラットフォーム:MT4、MT5、cTrader

FxProではcTraderを使えますが、スプレッドの大きさや入出金方法の少なさなどトレーダーにとっての利点をあまり感じないブローカーという印象。

世界4大監査法人のPWC(プライス・ウォーターハウス・クーパース)から監査を受ける万全の資金管理体制やゼロカットシステムも設置されているので、安心して使えるブローカーです。仮想通貨であるビットコインやイーサリアム、リップルなどのトレードができるのも特徴の1つといえます。

>>FxProの詳細を見てみる

AXIORY(アキシオリー)

AXIORY 公式サイト

  • スプレッドが狭い
  • NDD方式
  • 約定力が高い
  • 最大レバレッジ500倍
  • ゼロカットシステム採用
  • ダイナーズ、アメックスから入金可能
  • 金融ライセンス取得済
  • 取引可能プラットフォーム:MT4、cTrader

AXIORYはスプレッドの狭さ、約定力、運営方針の透明性などに日本人トレーダーからの支持も高いです。ゼロカットシステムを採用しており追証もありません。クレジットカードのダイナースやアメックスで入金可能なのも特徴です。

>>AXIORYの詳細を見てみる

cTraderの種類とダウンロード方法(AXIORY)

cTrader ダウンロード方法

cTraderは各業者のウェブサイトよりダウンロードが実行できます。

ここではAXIORYでのダウンロード方法を紹介していきます。

  1. AXIORY cTrader for Windows
  2. AXIORY cTrader for WEB
  3. AXIORY cTrader for iOS

大きく3種類のcTraderが利用できます。

1.AXIORY cTrader for Windows

Windows環境で動作する一般的なcTraderで、特徴は以下の通りです。

  • 板情報が提供されている
  • 60種類以上のテクニカル指標が利用できる
  • 26種類の時間足が利用できる
  • ECN取引で透明性の高いトレードができる

まずはAXIORYの公式サイトへアクセスし、以下の画面から【ダウンロード】をクリックします。

cTrader ダウンロード axiory

その後、axioryCTsetup.exeファイルが起動するので【インストール】をクリックして先に進みます。

cTrader ダウンロード axiory

これでファイルがダウンロードされAXIORY cTraderアイコンが表示されます。

AXIORY cTrader icon

2.AXIORY cTrader for WEB

AXIORY cTrader for WEBの特徴はこちらです。

  • AXIORY cTrader for WEBはHTML5を基本に設計されており、PCへのインストール不要
  • 一般的なインターネットブラウザからアクセスができ汎用性が高い
  • 板情報が提供されている
  • デモ/リアル口座の取引可能
  • 60種類を超えるテクニカル指標を搭載されている

インストールする必要はないので【ログイン】からでOKです。

あとはパスワード、Email情報を入力すればログインできます。

ここでcTrader IDという用のアカウントを作成することになります。他のFXブローカーでcTraderを使う場合も同じIDでログインができるので便利です。つまり、全てのcTraderでの口座を一括で管理できてしまいます。

axiory ctrader signup

3.AXIORY cTrader for iOS/Android

AXIORY cTrader for iOSは他のスマホアプリと同様AppStoreやGooglePlayからダウンロードが行えます。

  • レスポンスも素早く操作性も抜群
  • デモ口座/リアル口座で取引可能
  • 27種のテクニカル指標がある
  • すべての通貨ペアやCFDなどの取引可能

インストールは他のアプリと同様でとても簡単です。

cTrader for app axiory

スマホへダウンロードした後はログインして利用すればOKです。

以上のようにインストールの手順はとても簡単なので迷うことは少ないでしょう。

cTraderをインストールするだけなら5分もかかりません。

cTraderの使い方

ctrader axiory

基本的なcTraderの使い方について簡単に紹介しておきます。

画面環境は見やすくて、直感的な操作でほとんどトレードに必要な操作は行える設計になっています。

日本語への切り替え

cTraderのデフォルト言語は英語ですが、簡単に日本語表示にすることが可能です。

cTraderの画面で左にあるサイドバー一番下の【Settings】→【General】→【Language】から【日本語】を選択すれば即座に表示が切り替わります。スマートフォンアプリでも同じく【設定】から言語を変更できます。

日本時間への変更

cTraderはMT4ではできなかった日本時間への切り替えも実現可能。画面下部にある【Current Time】をUTC+9に変更すれば即座に切り替わります。他のプラットフォームだと、わざわざ時間を計算しなければいけないので面倒に思っていた人も多かったはずです。

口座の切り替え/新規取引口座の作成

画面の右上に現在ログイン中のアカウントが表示されるので、そこから新規口座を作成したり他のアカウントへ切り替えることが簡単にできます。

チャートの表示変更

画面上部にある【ツール】から単一チャートモード、フリーチャートモードの2パターンへと切り替えることができます。単一チャートは1つのチャートだけを大きく表示、フリーチャートは複数のチャートを並べて表示できるモードです。

クイックトレードモード

cTraderではワンクリックで素早く注文できる「クイックトレードモード」への変更ができます。これは、画面上部にあるメニューバーから指差しマークのアイコンをクリックし、あなたが好きな注文形式の設定を決めるだけで使えるようになります。

わずかなスリッページを避けられるメリットもありますが、押し間違えのリスクもあります。リスクを防止するためにも、なるべくダブルクリック設定にしておきましょう。

【結論】cTraderは使う価値のあるプラットフォーム

 

ctrader プラットフォーム

cTraderに関する特徴をメリット、デメリットも含めて紹介してきました。

ずばりcTraderを使うのに向いているトレーダーは以下のようなタイプの人です。

  • 取引の透明性を重視したい人
  • スキャルピングトレードをしたい人
  • 裁量トレードをメインに考えている人
  • 日本時間/日本語対応しているプラットフォームを使いたい人

cTraderはNDD形式で、取引の公平性も確保されています。それに約定スピードも速くスキャルピングトレードでも力を発揮できます。

また、日本語や日本時間でプラットフォームを利用できるのも大きな利点といえますね。

では、MT4やMT5が向いているトレーダーはどんな人なのでしょうか。こちらにまとめておきました。

  • 自動売買(システムトレード)メインに行いたい人
  • 色々なインジケーターを追加して使いたい人

MT4はEAが豊富なので自動売買を中心にトレードを考えている人にオススメできます。あと、MT4のインジケーターは手軽にいろいろカスタマイズできるので、こだわりがある人にいいですね。

cTraderは海外FX業者のAxioryで使うのがベスト

cTraderはAxioryという海外FXブローカーで使えるプラットフォームです。

Axioryなら最も低いスプレッドで使えますし、日本語によるサポートも充実しており安心して使えます。

  • 400倍の高レバレッジまでかけられる
  • 日本語サポートが充実している
  • ゼロカットシステムがあり借金を背負うリスクがない
  • MT4も使用できる
  • 取引銘柄が豊富にある

などなど、海外FXがはじめての人にとっても魅力的な業者の1つだと言えます。

Axioryの詳細ページを見てみる

Axioryの公式サイトを見てみる

XM(XM Trading)
XM Trading 公式サイト スクショ

海外FX業者で最もオススメなのがXM(XM Trading)
日本で人気No.1の海外FX業者で、2009年から運営を続けており安全性・信頼性は申し分ありません。
口座開設ボーナス3,000円や最大レバレッジ888倍・追証ナシと少額でも大きな利益を狙えます。
もちろん入金せずにトレードも可能ですので、今すぐにでもハイレバの海外FXに挑戦できますね。

iFOREX
iFOREX 公式サイト スクショ

次にオススメなのが、iFOREX(アイフォレックス)です。
20年以上も運営を続けている老舗の海外FX業者で、一発逆転のトレードをしたい方は口座開設必須。
入金ボーナスやキャッシュバックがあるだけでなく、レバレッジ400倍・ロスカット水準0%と驚異のスペック。
さらにボラティリティの大きい商品も取り扱っていることから、少額でハイレバのギャンブルトレードが出来てしまいます。

GemForex
GemForex 公式サイト スクショ

3位は、MADE IN JAPANを売り、急成長を遂げているGemForex(ゲムフォレックス)
2019年6月にニュージーランドの金融ライセンスを取得し、その後も世界的なプロボクサー『マニー・パッキャオ氏』とスポンサー契約を結ぶなど安全性・信頼性が向上している海外FX業者です。(信託保全もあります)
口座開設ボーナスや他社からの乗り換えボーナスなど豪華なボーナスを展開し、少額でも多くの利益を狙いやすいオススメの海外FX業者です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました